オールブラックスを通じて、大人も子どももラグビーを楽しんだ一日となった!

2019.09.16 | ニュース

9月14日(土)に、千葉・柏の葉公園総合競技場で、「ALL BLACKS(オールブラックス)」ことラグビーニュージーランド代表選手との交流イベント「KASHIWA RUGBY DAY 2019 IN KASHIWA-NO-HA」が開催された。

三連休の初日で天候に恵まれたこと、また本物のオールブラックスの選手と交流できるということで柏市民、そしてオールブラックスのジャージーやTシャツを着たファン計7000人が柏の葉公園総合競技場を訪れて、オールブラックスとラグビーを体感した。

交流イベントの前後に、柏市民やオールブラックスファンがラグビーを楽しめるように、参加可能体験型のさまざまなコンテンツが用意されていたことも印象的だった。

ラグビーボールのオブジェの展示から始まり、2人でボールを挟んで引っ張る「VSラグビー」、柔らかいボールを蹴って巨大なダーツを狙う「フットダーツ」が置かれており、多くの人が楽しんでいた。

フットダーツ体験

さらに昨年度の「花園」こと全国高校ラグビー大会3位だった流通経済大柏高校ラグビー部の部員が「ラインアウトのジャンパー体験」とラグビーボールによる「ストラックアウト」をサポートしていた。どのくらいの力がかかったか測定できるタックルマシンも置いてあり、どのコンテンツにも長い行列ができていた。

ラインアウトのジャンパー体験
タックルマシン体験

さらに、誰でもプレー可能な、ラグビーボールを帽子(ハット)の上に置いたまま、バランスをとりながら相手陣を目指す「ハットラグビー」も人気を博していた。

ハットラグビーを体験する参加者

他にもイベントでオールブラックスに声援を送るため、応援メッセージをフラッグに書くブース、屋台やキッチンカー、ニュージーランドや柏市の名産品が楽しめる売店が出店されていた。

オールブラックス選手たちへの応援、声援はもちろんのこと、オールブラックスを通じて、午前中から夕方にかけて、老若男女の誰しもが心ゆくまでラグビーを楽しんだ一日となった。

応援メッセージを書く親子
ラグビーボールでのストラックアウト体験
オールブラックスを通じてラグビーを楽しんだファミリー

NEWS

ALL BLACKS