ダミアン・マッケンジー

2018.05.31 | 選手紹介

生年月日 1995年4月20日
身長/体重 177cm/78kg
ポジション SO/FB
代表キャップ数 12(ニュージーランド代表)

2019年のワールドカップでの活躍が期待される若手選手の一人がSO/FBのダミアン・マッケンジーだ。NZ国内で大ブレイクし、一気に国際レベルまで駆け上がった選手で、プレースキック前の笑みがトレードマークだ。

ダイナミックで小ぶりだが、スピードと変幻自在のステップが武器で積極的なランでトライに絡み、プレースキックの精度も高い。2014年のU20ニュージーランド代表で存在感を示し、2015年は国内リーグのワイカトでプレーし、そのままチーフスでスーパーラグビーデビューし、マオリ・オールブラックスにも選出。

2016年はチーフスで199得点、10トライとともにリーグ2位につけるなど大いに躍動。ついに、同年10月、アルゼンチン戦でオールブラックスデビューを果たした。

さらに2017年はスーパーラグビーを運営するSANZAARの最優秀選手に選出されるまでに成長し、オールブラックスでもコンスタントに試合に出場し続けて存在感を示した。そして2018年のスーパーラグビーでは10番を背負ってプレーし、チーフスを引っ張っている。

ニュージーランドのインバーカーギル出身で、高校はクライストチャーチで過ごした。兄マーティーもチーフスでプレーするバックスリーで、日本のサンウルブズでもプレーするロビー・ロビンソンは従兄弟。実家は農家で、もしラグビーをしていなかったら競走馬のトレーナーを目指していたという。好きな選手はオールブラックスのFBベン・スミス。

「微笑みの貴公子」マッケンジーは、SO、そしてFBのどちらでプレーしてもオールブラックスの勝利に貢献すること間違いない。