リーコ・イオアネ

2018.05.31 | 選手紹介

生年月日 1997年3月18日
身長/体重 189cm/103kg
ポジション WTB(ウィング)
代表キャップ数 13

2018年で21歳、今、世界で最も勢いに乗っている若きウィングの1人だろう。それがオールブラックスのリーコ・イオアネである。2016年11月にニュージーランド代表史上8番目の若さとなる19歳239日でデビューを飾った新鋭だ。

その1年半前には17歳の若さでニュージーランド7人制ラグビー代表に選出され、ワールドシリーズのニュージーランドのウェリントン大会で2トライを挙げた。その勢いのまま、兄のアキラとともに2016年のスーパーラグビーのブルーズでデビューを飾ると、瞬く間にスターダムにのし上がり、2016年のリオ五輪にも出場した。

そしてオールブラックスに選出されると、2017年はオールブラックスのほとんどの試合に先発出場し、1年間で10トライを挙げて世界にその名を轟かせた。

リーコは2017年にはワールドラグビーの最優秀選手にもノミネートされるほど大きなインパクトを残し、惜しくも最優秀選手賞の受賞はならなかったが、新人賞に輝いた。

リーコはラグビー選手にならなかったら歌手になりたかったというほど音楽好きで、ジョーダンという名の犬を飼っているという。父エディーは元日本のリコーでプレーした選手である。