TJ・ペレナラ *スペシャルムービー出演

2018.10.24 | 選手紹介

生年月日 1992年1月23日
身長/体重 184cm/90kg
ポジション SH(スクラムハーフ)
オールブラックスキャップ 48

オールブラックスでは、試合前の「ハカ」を時々リードしている、ニュージーランドの先住民族マオリの血を引く選手の一人だ。

2012年3月ハリケーンズの選手としてスーパーラグビーデビューするといきなり3トライを挙げる「ハットトリック」の決定力を見せて、その勢いのまま一気にハリケーンズのSHとしてレギュラーポジションを獲得した。

翌2013年の南半球強豪4ヵ国が戦う「ザ・ラグビー・チャンピオンシップ」でオールブラックスから初招集がかかる。初キャップは2014年のイングランド戦代表でマラカイ・フェキトアに替わり途中出場を果たした。

2015年にはスーパーラグビーでハイランダーズのWTBワイサケ・ナホロに続いて2位となる11トライを挙げた。

ハリケーンズでは2016年からはチームの副将に指名され、2017年はケガのHOデイン・コールズに変わりゲームキャプテンを務めることも多かった。そしてSHとしてはスーパーラグビー史上最多、そして全体でも7位となる通算44トライ目を準決勝のライオンズ戦で決めた。2016年はケガに苦しんだ時期もあったが、チーフスとのスーパーラグビー準決勝でマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるなど、シーズン通算6トライを挙げるなど活躍を見せた。

TJは「Thomas Jr.」の略である。両親、祖母、叔父もソフトボールのニュージーランド代表というソフトボール一家に生まれた。もしラグビーをやっていなければ教師か警察官になりたかったという。

2016年から、オールブラックスでは「ハカ」のリーダーを任されている数少ない選手のひとりであり、2016年以降はほとんどすべてのテストマッチに出場している。いずれにせよ、オールブラックスにとって欠かせない存在となっている、スピードとパス捌きに長けたSHである。